【カンブリア宮殿】木村周一郎(メゾンカイザー)の経歴や結婚相手は?wikiプロフ・学歴・人気のパン・出版本・家族・弟が社長という噂・年収の噂など徹底調査!

                       
こんにちは、ペン太郎と申します!次回の「カンブリア宮殿」にメゾンカイザーを展開させているエリックカイザージャポンの社長木村周一郎社長が出演されるということで今回は木村周一郎社長について調べてみました!

今回は木村周一郎社長の詳細プロフィール・経歴、2ページ目では木村周一郎社長の経営する会社の情報や取り扱っている商品、出版本などを紹介して行きたいと思います!

さらに3ページ目では出身校&学生時代について、4ページ目では家族の情報や結婚・離婚・弟さんの情報について、そして5ページ目では年収の情報などをお伝えしていきたいと思います!




木村周一郎のWIKIプロフィール・経歴公開!

 

<プロフィール>

氏名:木村周一郎
生年月日:1969年4月1日
職業:パン職人
役職:代表取締役社長
会社:ブーランジェリーエリックカイザージャポン

 

<経歴>

1969年4月1日生まれ
1991年:慶應大学法学部法律学科卒業
1991年:千代田生命保険相互会社入社
1997年:同社退社
1998年:アメリカ国立パン研究所AIB卒業
1998年:Amy’s Bread(ニューヨーク)にて修行
1999年:パリ・メゾンカイザーにて修行
2000年:帰国しエリックカイザージャポン設立

 

カンブリア宮殿 Ryu’s Eye (ブーランジェリーエリックカイザージャポン 社長 木村周一郎)



 

木村周一郎社長は
ブーランジェリーエリックカイザージャポンの社長さんで、
メゾンカイザーを展開している社長として有名です。

メゾンカイザーといえばフランスパンで有名ですが、
日本の食卓に革命を起こそうと事日々奮闘されているようです。

 

そんな木村周一郎社長は大学卒業後は、
パンとは全く関係のない千代田生命保険相互会社に入社し、
6年間勤めたそうです。

その時の仕事は楽しかったそうですが、
地方への転勤の話が持ち上がったことと
父親から「そろそろパン業界に入らないか」と言われたことをきっかけに
木村周一郎社長はパン業界に入ることになったそうです。

 

そしてちょうどその頃、木村周一郎社長の父親は

 

「パンのことを全く知らない人間に
考え得る限りの最高の英才教育を施したら
どんなパンを作るのか見てみたい。」

 

とパン業界の重鎮たちと話していたそうです。

 

そうして木村周一郎社長は、パン業界に入ったそうですが、
その後横浜のパン屋さんで生地になれた後、
アメリカのカンザス州にある米国立製パン研究所(AIB)へと
派遣されたそうです。



 

AIBは米食品医療品局唯一の研究機関であり、
パン作りを理論的に解析している場所だそうです。

当時木村周一郎社長以外の
日本から派遣された方たちというのは理系の修士号以上を
持っている方たちだったそうで最初はついていくのに
とても苦労されたようです。

 

そして約2年半アメリカに滞在されたようですが、
パンとお菓子の世界で最も大きな大会がアメリカで開催され、
日本のパン屋さん達が主催する食事会で、
天才パン職人エリックカイザー氏と出会ったのだそうです。

エリックカイザー氏は50年に一度出るかでないかの
天才パン職人と言われている方で、
パン作りを理論的に解説できる職人として知られているようです。

 

そしてこの出会いをきっかけに木村周一郎社長は
パリへ渡り、修行することになったのだそうです。



 

当時エリックカイザー私のお店はフランス中のパン職人が

 

「あそこだけはやめておいた方が良い」

 

と噂し合うほどきつい職場で知られていたそうです。

 

現在はだいぶ変わったそうですが、
木村周一郎社長が修行をしていた頃は、
職人たちはみんな早朝から日が暮れるまで店にいて、
1日が終わる頃にはまつげの先まで粉で真っ白になっていたそうです。

そんな厳しい環境で修行を終える頃になると、
ある日エリックカイザー私から呼び出され、

 

「日本に帰ったらどうするつもりだ」

 

と聞かれたそうです。

 

木村周一郎社長は、

 

「パリにあるようなパン屋さんをやれたら面白いですね」

 

と言う話をしたそうなのですが、
エリックカイザー氏から

 

「じゃあ一緒にやろう」

 

と提案され日本でパン屋を開くことになったのだそうです。



 

2000年に会社を設立し、翌年2001年に東京高輪227坪のお店を出したそうです。

当時も日本には沢山のパン屋さんがありましたが、
どこも似たようなパンばかりが置いてあったので
どうにか木村周一郎社長は差別化を図れないかと考えていたそうです。

 

そうして考えた結果、木村周一郎社長は

 

「思いっきりフランスらしいパン屋さんを日本で開いて成功させてみよう」

 

と思ったのだそうです。

 

当時は周囲からその考えを否定され続けていたそうで、
その理由としては、

 

「欧米人に比べて日本人は噛む力が弱いからハード系のパンはありません。
しかもそんな皮がパリッとしたバケットなんて」

 

と言われていたそうです。

 

しかし、木村周一郎社長は
新幹線に乗ればスルメイカ干したホタテ
食べているサラリーマンがたくさんいることに気づき、
またかた焼きせんべいをおいしそうに食べている
日本人もいることに気づいたそうです。

 

そこで木村周一郎社長は
ハード系のパンが売れないのだとすれば、
それは噛む力がどうこうと言う理由ではなく、
日本におけるフランスパンの位置づけに問題があるということに
気づいたのだそうです。

木村周一郎社長は日本にも新たな食文化を根付かせると言うコンセプトも入れて
メゾンカイザーを日本で展開していくことになったのだそうです。

 

次のページでは
メゾンカイザーのお店の詳細情報や
人気の出版本をなどをお伝えしていきたいと思います。

ページ: 1 2 3 4 5

合せて読みたい関連記事

コメントを残す