【世界バレー女子】中田久美の経歴は?結婚や病気・激やせの理由は?wikiプロフ・学歴・家族・怖いと言われる理由など徹底調査!

                       
こんにちは、ペン太郎と申します!いよいよ世界バレーが始まりますね!

そこで今回は日本代表女子監督を務める中田久美監督について徹底的に調べてみました!

今回は中田久美監督のの詳細プロフィール・経歴、 2ページ目では中田久美監督の生放送での「てめえらコノヤロー」事件について紹介していきたいと思います。

さらに3ページ目では出身校&学生時代について、4ページ目では家族や離婚をした理由について、そして5ページ目では激やせの理由や病気説についてなどをお伝えしていきたいと思います!




中田久美監督のWIKIプロフィール・経歴公開!

 

<プロフィール>

名前:中田久美
国籍: 日本
生年月日:1965年9月3日(53歳)
出身地:東京都練馬区
ラテン文字:Kumi Nakada
身長:176cm
体重:62kg
血液型:A型
愛称:クミ
役職:監督
ポジション:S
指高:229cm
利き手:両利き
スパイク:305cm
ブロック:289cm

 



 

中田久美監督は東京都練馬区出身で、
久美という名前の由来は誕生日が9月3日だからだったそうです。

練馬区立練馬東中学校に入学後バレーボールを始め、
バレーボール選手としては遅めのスタートを切っていましたが、
2年生の時に山田重雄さんの英才教育バレーチームに入団し
才能を開花させて行ったそうです。

中学卒業後は通信制のNHK学園高校に入学し、
バレーボールに専念されたそうですね。

 

そして1980年には大谷佐知子選手とともに
史上最年少の15歳で日本代表に選出され、
翌年1981年には日立に進み、わずか1年でスタメンを獲得されます。

同年の日本リーグでは史上初の失セット0で
全勝優勝に大きく貢献し新人賞を獲得。

その後もアジア選手権やロス5輪、
バルセロナ五輪などに出場し日本チームを
引っ張っていく存在として活躍され、
バルセロナ五輪を最後に一度現役を引退。

 

その後1995年に現役復帰をし、
1996年にはアシスタントコーチに就任されます。

そしてその後は、日立を退社し、
バレーボールの指導者として活躍していくことになったそうです。

また指導者だけでなくスポーツキャスターやタレントとしても
活躍され活動の幅を広げていったそうですね。



 

2016年10月25日には日本バレーボール協会理事会において、
満場一致でバレーボール日本代表の監督に選出されました。

中田久美監督は指導者としてもとても優秀なので、
これからの活躍にも注目が集まっているようです。

これからも日本の女子バレー界を引っ張っていってほしいですね!

 

次のページでは、中田久美監督の「てめえらコノヤロー」事件の
詳細をお伝えしていきたいと思います。

ページ: 1 2 3 4 5

合せて読みたい関連記事

コメントを残す