ヨシダナギ(写真家)の写真には加工なしもある?全身写真は?プロフ・経歴・家族・彼氏の噂など徹底調査!

                       
こんにちは、ペン太郎と申します!次回の「クレイジージャーニー」写真家のヨシダナギさんが出演されるということで今回はヨシダナギさんについて調べてみました!

今回はヨシダナギさんの詳細プロフィール・経歴、2ページ目では写真展が凄いという噂・写真展に訪れた有名芸能人や出版本などを紹介していきたいと思います!

3ページ目ではタトゥーのデザインと込められた意味、4ページ目では彼氏の情報や理想の男性のタイプなどをお伝えしていきたいと思います!




ヨシダナギのWIKIプロフィール・経歴公開!

<プロフィール>

氏名:ヨシダナギ
国籍:日本
生年月日:1986年(31–32歳) 7月6日
出身地: 日本・東京都
血液型:A
身長:165cm
言語:日本語
出身:東京都江戸川区
使用カメラ:ニコンD810
事務所:無所属
活動時期:2015年 – 現在



 

ヨシダナギさんはアフリカなどで生活をしている
世界の少数民族や先住民などをモデルにして
撮影している写真家の方です!

ヨシダナギさんは幼少期にテレビ番組でマサイ族を見て、
アフリカ人に憧れを抱くようになり、
将来大きくなったら自分もアフリカ人のようになれると
信じていたそうです。

しかしヨシダナギさんが10歳の頃に両親から
ヨシダナギさんは日本人だという現実を突きつけられ、
大きなショックを受けたという過去があります。

 

また、ちょうどその時、千葉県に引っ越すことになるのですが、
引っ越した後は陰湿ないじめに遭うようになり、
中学生になってもそのいじめは続いたそうで、
中学2年生になるころには不登校になってしまったそうです。

家にいる間は、お父さんが買ってくれた
パソコンを使ってインターネット上の掲示板に書き込みなどをして
過ごしていたそうです。

 

また、掲示板などに書き込みをする生活をしている中で、
出版社の人とメールでやりとりをするようになり、
その人がヨシダナギさん専用のホームページを作ってくれたそうで
そこに捜索した物語などを投稿することをはじめられたそうです。

そしてプロフィール用の写真を送ったところ
それがトップページに大きく載ったそうなんですね。

 

実はこの時、ネットアイドルランキングで1位を獲得することになり、
芸能事務所からも声がかかり、お父さんからも後押しされて、
グラビアアイドルとして活動をはじめられたそうです。

こちらがヨシダナギさんが吉田渚として
グラビアアイドルをされていた時の画像です!

 

グラビアアイドル時代の画像➀

グラビアアイドル時代の画像➁

グラビアアイドル時代の画像➂

 

グラビアアイドルとして活動を始める前に
実はヨシダナギさんの両親は離婚されていたようなのですが、
もし離婚していなければ厳格な母親によって
グラビアアイドルとしての活動は許してもらえなかったと思うので
結果的には離婚してくれてよかったかもしれないと語っておられるようです。

ただ、離婚後は「この家を出ないとしんどいな」と思い始めたようで、
お金を貯めて21歳の時に一人暮らしを始めるようになったそうです。



 

一人暮らしをきっかけにヨシダナギさんは性格が変わり、
それまでは自傷行為や自殺未遂などをしていたことがあったそうなのですが、
自分を追い詰めることがなくなったそうです。

その後、グラビアアイドルは向いていないと思い、
引退を決意し、イラストを描いたり写真を
撮ったりするようになったそうです。

 

その後、母親からフィリピンに留学する子供たちのサポートのお手伝いを頼まれ、一緒にフィリピンに行ったそうなのですが、
これがヨシダナギさんにとってはじめての海外だったそうで、
写真なども撮影し自身のブログにアップされたそうです。

すると思いのほか反響があり、
写真を褒められることが多かったためカメラを片手に
東南アジアを回り始めたと言います。

 

その後、お金を貯めて23歳の時にアフリカに向かい、
最初はエジプト、エチオピアなどに訪れたそうです。

思い返せば、これが今のヨシダナギさんの活動の
きっかけになった出来事だったようですね。

 

2012年には初めて少数民族と同じ格好になって撮影を行い、
カメルーンの山岳地帯に暮らすコマ族との撮影に成功したそうです。

コマ族の女性は上半身裸で、
下半身は葉っぱで隠すというスタイルなのですが、
ヨシダナギさんはこのスタイルを真似たところ、
コマ族の方たちから歓迎され、コマ族の方たちは歓喜の舞いを踊ったそうです。

その後も少数民族と打ち解けるためには
服を脱いで同じ格好をすることを続け、
写真撮影をする活動を続けておられるようです。

 

こちらはこれまでにヨシダナギさんが撮影した写真の一部ですが、
本当に細部までしっかりと真似ておられるのがわかります!

 

ヨシダナギさんの民族姿➀

ヨシダナギさんの民族姿➁

ヨシダナギさんの民族姿➂

ヨシダナギさんの民族姿➃

ヨシダナギさんの民族姿➄



 

基本的に写真に写った局部はモザイク処理されていますが、
最後の画像は加工処理がされていない?ものと思われます。

少数民族の方との交流をリアルに表現したかったからなのか、
詳しい情報は定かではありませんが、
ヨシダナギさんだからこそできる表現なのかと思われます。

 

これからも世界の少数民族を被写体に
写真撮影を続けていかれると思いますので、
これからも頑張ってほしいですね!

次のページではヨシダナギさんの写真展や写真展に訪れた芸能人、出版本などを紹介していきたいと思います!

ページ: 1 2 3 4

合せて読みたい関連記事

コメントを残す