吉澤ひとみ容疑者を起訴で99.9%有罪に?法定速度を26キロ上回って運転していた事実が判明したことなど徹底調査!

                       
こんにちは、ペン太郎と申します!飲酒運転やひき逃げなどの容疑で勾留されていた吉澤ひとみ容疑者が勾留期間を終え起訴されました。

今回は吉澤ひとみ容疑者が法定速度を大きく上回って運転していた事実や、有罪になる可能性などについて調べてみましたのでぜひご覧ください。




吉澤ひとみ容疑者が起訴される!?法定速度を大きく上回る運転も?

 

吉澤ひとみ容疑者の勾留期間が終了し、
東京地検は26日、道路交通法違反と
自動車運転死傷処罰法違反(過失運転致傷)の罪
吉澤ひとみ容疑者を起訴したそうです。

 

事故当時の詳しい状況についてやひき逃げの瞬間の映像などについては
こちらの記事でも紹介していますのでぜひご覧ください。

 

 

 

 

 

 



 

また、吉澤ひとみ容疑者は
事故当時の状況として飲酒やひき逃げの他に
法定速度を26キロ上回るスピード
運転していたそうです。

 

警視庁によると、吉澤容疑者は6日午前7時ごろ、
東京都中野区東中野2丁目の都道(山手通り)で、
酒気帯び状態で乗用車を運転。

赤信号で交差点に進入し、自転車で横断していた20代女性をはね、
はずみで女性と衝突した40代男性も転倒させ、
それぞれに軽傷を負わせたが、そのまま逃げたとして、逮捕された。

捜査関係者によると、吉澤容疑者の車は事故の直前、
法定速度を26キロ上回る時速86キロで走行していたという。(引用:朝日新聞)

 

 

次のページでは吉澤ひとみ容疑者が
今後有罪になる可能性について紹介していきたいと思います!

ページ: 1 2

合せて読みたい関連記事

コメントを残す