デニス・テンの刺殺事件の真相とは?犯人の画像と動機は?プロフ・経歴など徹底調査!

                       

こんにちは、ペン太郎と申します!悲しいニュースが入ってきました。フィギュアスケート男子2014の銅メダリストのデニス・テンさんが右大腿部などを刺され死去していたことがわかりました。

今回はデニス・テンさんの詳細プロフィール・経歴、2ページ目では刺殺事件の真相や犯人の画像についてお伝えしていきたいと思います!

さらに3ページ目では犯人の動機などをお伝えしていきたいと思います!



デニス・テンのWIKIプロフィール・経歴公開!

<プロフィール>

氏名:デニス・テン
代表国: カザフスタン
生年月日:1993年6月13日
出生地:アルマトイ
身長:168 cm
体重:60 kg



 

デニス・テン選手はカザフスタンのアルマトイ市出身で、
2014年のソチ五輪では銅メダルを獲得した
将来有望の選手でした。

スケートを始めたのは母親の希望だったそうで、
ロシアやアメリカでスケートに打ち込んできたそうです。

 

9歳の時には才能が開花し始め、
ロシアのオムスクの試合で優勝し、
審査員の一人から旧ソ連現在ロシア地域内・低年齢クラスの大規模大会
クリスタルスケートに招待されます。

ちなみにこの年齢でクリスタルスケートに招待されるというのは
本当に稀なことのようで、本当に実力がなければ
行くことができないそうです。

やはりデニス・テン選手は小さいときから
凄い才能を持っていたのですね。



 

そして、クリスタルスケートでは
元コーチのエレーナ・ブイアノワさんと出会い、
同コーチの勧めによって2004年からは母親とともに
ロシアに移住し、本格的な指導を受けることになったのだそうです。

その後2008-2009シーズンではJGPゴールデンリンクスで優勝。

この優勝をきっかけに母国カザフスタンにて初めて
初めて国際スケート連盟主催競技会のメダルが運び込まれたようです。

 

そして2010年にはバンクーバーオリンピックで
カザフスタンの代表選手として出場し、
11位に入るなど好成績を収めます。

このオリンピックでの活躍により
カザフスタンに新たな歴史を作った人物として
知られるようになります。



 

こちらは2018年のオリンピック、四大陸選手権2018で
魅せたデニス・テン選手の演技です。

この素晴らしい演技をもう見ることができなくなると思うと
残念でなりませんね。

 

Denis Ten Short program(SP) 4K 180216 Pyeongchang 2018 Figure Skating Men Single

 

Denis TEN 4CC 四大陸選手権2018 男子SP

 

次のページではデニス・テン選手を襲った事件の真相や犯人の画像についてお伝えしていきたいと思います!

ページ: 1 2 3

合せて読みたい関連記事

コメントを残す