【カンブリア宮殿】岡山宏社長(日世)の経歴や年収が凄い!wikiプロフ・学歴・家族・田中捻章会長の経歴など徹底調査!

                       
こんにちは、ペン太郎と申します!次回の「カンブリア宮殿」に日世の社長である岡山宏社長が出演されるということで今回は岡山宏社長について調べてみました!

今回は岡山宏社長の詳細プロフィール・経歴、日世のソフトクリーム、2ページ目では出身校&学生時代・家族・年収の情報、3ページ目では田中会長のプロフ&経歴などについてお伝えしていきたいと思います!




岡山宏社長(日世)のWIKIプロフィール・経歴公開!

<プロフィール>

氏名:岡山宏
生年月日:1946年10月13日
役職:代表取締役社長
会社:日世株式会社

<経歴>

1994年10月:ヴィルドフルーツ販売部長
1998年7月:取締役
2006年7月:常務取締役
2008年7月:専務取締役
2009年7月:代表取締役
2015年7月:代表取締役社長



岡山宏社長は大学卒業後、
日世に入社しこれまで日世一筋でがんばってこられました。

日世は1951年にアメリカで大ヒットしていた
ソフトクリームに目をつけ、
日本で初めてソフトクリーム製造機を輸入し、
販売した会社として知られています。

 

日世の最初のソフトクリーム事業は
コーンの販売から始まり、
1970年の大阪万博でブームを巻き起こし販売を拡大。

その後、原料や製造にも参入されました。

岡山社長曰く、
「ソフトクリームの品質を決めるのは製造機」
ということらしく、より鮮度の高い製品を提供するため、
衛生面では厳しい管理をされておられるようです。

 

また原料の質感を生かすために、
機械の改良も繰り返し行っておられるのだそうです。

こうした努力を繰り返していった結果、
現在では、老舗有名店としての地位を築きあげ、
なんとシェア率は5割という驚異の数字を叩き出すことに
成功されたようです。

 

カンブリア宮殿 Ryu’s Eye (日世 社長 岡山宏)

では、次は日世のソフトクリームを
一部紹介していきたいと思います!



日世のソフトクリーム「クレミア」が凄い!種類や特徴など詳細情報を紹介!

 

日世はこれまでに800種類以上のご当地ソフト
作って来られたそうです。

原料、コーン、製造機まですべて
自社生産しているということですから驚きですよね。

 

では、そんな日世が
一体どんなソフトクリームを作っているのかということを
今回は一部紹介していきたいと思います。



日世のソフトクリームには「クレミア」という種類があるのですが、
このソフトクリームが抜群に美味しいと評判のようです。

では、どんなソフトクリームなのかということですが、
こちらの画像のソフトクリームがその「クレミア」だそうです

 

 

そしてこちらの動画は、
CREMIA(クレミア)のスペシャルムービーです!

 

「CREMIA(クレミア)」 スペシャルムービー



見てるととても美味しそうなので、
食べたくなってきますよね!

このクレミアは実は2010年から約3年にわたって400回以上もの
試作を繰り返して出来上がったソフトクリームなんだそうです!

 

クレミアの意味ですが、
これは「クリーム&プレミア」という意味だそうで、
普通のソフトクリームよりも高級感があり
北海道生まれの生クリーム25%を配合、
そして乳脂肪分12.5%の濃厚クリームなんだそうですね!

濃厚でありながら後味はすっきりしており、
コーンはランクドシャコーンという特別なコーンを使用しています。

実はこの「ランクドシャコーン」は、
世界トップクラスのシェフとソムリエたちによって
審査が行われる国際味覚審査機構で
「優秀味覚賞」最高ランクの「三ツ星」を受賞した
商品なんだそうですね!

 

ちなみにクレミアの種類は3種類あり、
クレミア、クレミア・ザ・ショコラ、クレミアザミックスがあるそうです!

 

■クレミア

 

■クレミア・ザ・ショコラ

 

■クレミアザミックス

 

気になる方は、ぜひ一度食べてみてください!

次のページでは岡山宏社長の学歴や出身校、家族、年収などの情報を紹介していきたいと思います!

ページ: 1 2 3

コメントを残す