【カンブリア宮殿】右田孝宣(鯖や)社長の経歴や年収は?注文方法は?wikiプロフ・学歴・インタビュー動画・家族・逮捕の噂の真相など徹底調査!

                       
こんにちは、ペン太郎と申します!次回の「カンブリア宮殿」鯖やの右田孝宣社長が出演されるということで今回は右田孝宣社長について調べてみました!

今回は右田孝宣社長の詳細プロフィール・経歴、2ページ目では「鯖や」の詳細情報や右田孝宣社長のインタビュー動画などを紹介していきたいと思います!

そして3ページ目では鯖やの人気商品の取り寄せ方法、出身校&学生時代について、4ページ目では家族・弟のプロフィールなどを紹介していきたいと思います!

さらに5ページ目では右田孝宣社長の年収情報、6ページ目では右田孝宣社長が逮捕されたことがあるという噂の真相などをお伝えしていきたいと思います!



右田孝宣社長のWIKIプロフィール・経歴公開!

<プロフィール>

氏名:右田孝宣
生年月日:1974年生まれ
出生地:大阪府
役職:代表取締役社長
事務所:鯖や

 

カンブリア宮殿 Ryu’s Eye (鯖や 代表取締役 右田孝宣)



 

右田孝宣社長は鯖やの社長さんで、
鯖専門の外食、中食、さらに養殖業にも力を入れているそうです。

鯖料理の専門店「SABAR」
和風洋風イタリアンまで鯖づくしのメニューを取り揃えており、
全部で38品目もあるそうです。

その中でも人気のメニューには
トロサバと呼ばれるものがあるそうで、
とても脂がのっていて評判なんだそうです。

 

そんな「鯖や」を始められたきっかけは、
30歳のときに奥さんと一緒に居酒屋をした際に
提供した鯖の棒寿司が人気だったからだそうです。

そして奥さんから

「鯖1本でやってみれば」

と後押しを受け鯖専門のお店をスタートさせたのだそうです。



 

元々、右田社長は魚が嫌いだったのだそうですが、
若い頃、友人の誘いで鮮魚店で働くことになったのだそうですが、
そこでまかないとして食べた「カレイの煮付け」が
とても美味しくて徐々に魚の味に目覚めてことになったのだそうです。

実はそれまでは母が作ってくれる魚料理しか知らなかったそうで、
その母の魚料理は臭みを最大限に引き出していたため
魚嫌いになってしまったと言うエピソードがあります。

 

その後オーストラリアの回転寿司チェーンの会社に就職。

この会社では主にオーストラリア人でも食べられる
鯖寿司の研究をしたのが鯖好きとなる
きっかけとなったそうです。

そうした経験もあって奥さんと一緒に開業した
居酒屋で鯖の棒寿司をメニューの1つとして
出していたのだそうです。



 

鯖専門のお店をスタートさせたときは、
金銭的に厳しい状況にあったそうです。

2013年頃には資金繰りがとても厳しかったそうですが、
クラウドファンディングを使うことにより、
窮地を脱したのだそうです。

右田社長はこの時クラウドファンディングで資金を集めていたので、
自分の中で何かが変わったと過去のインタビューでおっしゃっていたことがあります。

 

「出資者の皆様のお金を預かると言う責任、
オープンした店は自分個人のものではないと言う自覚が生まれた。」(引用)



 

そしてその時からIPOのイメージができ、
はっきりとしたゴールとビジョンが見えたことで
会社の価値を上げるためには今何をすればいいのか、
と言うことを考えるようになったのだそうですね。

次のページでは鯖や会社の情報について
詳しく紹介していきたいと思います。

ページ: 1 2 3 4 5 6

コメントを残す