【世界一受けたい授業】平岡和徳の出版本が凄い!wikiプロフ・経歴・学歴・家族・トレーニングDVDも凄いなど徹底調査!

                       
こんにちは、ペン太郎と申します!次回の「世界一受けたい授業」宇城市教育長サッカー監督の平岡和徳監督が出演されるということで今回は平岡和徳監督について調べてみました!

今回は平岡和徳監督の詳細プロフィール・経歴、2ページ目では平岡和徳監督の出版本について紹介していきたいと思います。

さらに3ページ目では平岡和徳監督のトレーニング方法がわかるDVD、4ページ目では出身校&学生時代についてなどをお伝えしていきたいと思います!



平岡和徳監督のWIKIプロフィール・経歴公開!

<プロフィール>

氏名:平岡和徳
国籍: 日本
生年月日:1965年7月27日(53歳)
出身地:熊本県松橋町(現・宇城市)
職業:サッカー監督



 

平岡和徳さんは小学生時代から
将来を期待された選手だったそうです。

中学校は熊本県松橋中学校に通いサッカー部で活躍、
その後帝京高等学校へサッカー留学したそうです。

 

3年生のときには主将として活躍し、
FWの前田治家MFの広瀬治らとともに
1983年度全国高校サッカー選手権において
3度目の全国制覇を果たしました。

その後平岡和徳さんは
筑波大学へ進学し4年生のときには主将を務め、
1987年の総理大臣杯準優勝、
4年ぶりの6度目関東大学リーグ制覇に貢献するなど
大学でも大変活躍されたそうです。



 

大学卒業後は日本のサッカーリーグのクラブから
たくさんのオファーを受けたそうですが、
平岡和徳さんは選手としてではなく、
指導者としての道を歩むことにしたそうです。

指導者としての道を歩むことにした理由としては、
平岡和徳さんが帝京高校へ入学する際、
父親とある約束をしていたからだったそうです。

 

その約束とは、

 

「卒業後は筑波大へ進学し、熊本に戻って教員として勤めること」

 

だったそうです。

 

サッカー選手には誰もがなれるわけではないですし、
何度も巡ってくるチャンスではないと思いますので、
お父さんとの約束を守られた平岡和徳さんは
とても誠実な方であることがわかりますね。



 

指導者としては1988年から
熊本県立熊本商業高等学校サッカー部監督を務め、
その後1993年には熊本県立大津高等学校に異動し
高校のサッカー部監督を務めています。

これまで多くのJリーガーを輩出し、
実は日本代表選手の巻誠一郎選手も
平岡和徳さんが指導していたそうです。

平岡和徳さんの指導方法はとても評判が良く、
過去には本も出版されているそうですね。

 

次のページでは平岡和徳さんの
出版本について詳しい情報紹介していきたいと思います。

ページ: 1 2 3 4

合せて読みたい関連記事

コメントを残す