【世界一受けたい授業】島田順一の最新医療技術が凄い!経歴や学歴は?wikiプロフ・会社の情報・家族など徹底調査!

                       
こんにちは、ペン太郎と申します!次回の「世界一受けたい授業」医学博士で最新医療機器を開発している島田順一先生が出演されるということで今回は島田順一先生について調べてみました!

今回は島田順一先生の詳細プロフィール・経歴、 2ページ目ではYANCHERS株式会社について紹介していきたいと思います。

3ページ目では学歴や出身校などをお伝えしていきたいと思います!



島田順一のWIKIプロフィール・経歴公開!

<プロフィール>

氏名:島田順一
生年月日:1962年
出生地:大阪府
出身校:京都府立医科大学 医学部卒業

<経歴>

京都府立医科大学大学院
医学研究科 呼吸器外科学 病院教授 診療部長。

京都府立医科大学 医学部卒業
京都府立医科大学大学院医学系研究科 外科学専攻課程修了。

医学博士。大阪府済生会吹田病院 心臓血管呼吸器外科、
京都府立与謝の海病院 外科技師、京都府立医科大学 助手、
講師を経て現職。専門は 外科学、呼吸器外科学、医用工学。

「タッチパネルナビゲーションを用いた直感的な内視鏡手術システムの開発」、
「見せる照明から 魅せる照明へ」をキーセンテンスとして固体照明の医療応用
国立長寿医療センター老化機構研究部 客員研究員

 



 

島田順一先生はYANCHERS株式会社
経営に携わっていた方で、
LEDを使った医療技術を発展させてきた方として知られています。

島田先生はLEDの存在を知った後、
白色LEDを手術の際に使う
医療用ゴーグルに取り付けたら便利なのではないかと思い
LED研究者の方とお話をされたのだそうです。

そして実際に試してみたところ
思った通り使いやすいと言うことで、
特許出願し研究チームで特許を取得したのだそうです。

 

島田先生によると

 

「医師も完璧ではありませんから、手術でも失敗経験があるわけです。
小さな腫瘍を切ろうと思って手術をしたら
腫瘍がどこにあるかわからない。
画像では見えるのに、実際の術部を見ると様子が違っていたりすることがある。」

 

とおっしゃっており、
手術中はLEDのような明るく照らしてくれる道具の
必要性を訴えているようです。



 

その後島田先生は電子工学の基本を勉強し
使用の部位を手術中に特定する医療機器の研究に挑戦するなど
たくさんの研究をされてこられたようです。

そして平成27年にはTIKを設立し、
本格的に医療機器開発を開始するなどして活躍されておられます。

 

次のページではYANCHERS株式会社の詳細情報について
お伝えしていきたいと思います。

ページ: 1 2 3

合せて読みたい関連記事

コメントを残す