下関国際高校野球部のメンバーの出身中学は?坂原監督&鶴田選手のプロフ&経歴など徹底調査!

                       
こんにちは、ペン太郎と申します!2018年も甲子園が盛り上がっていますね!今回は注目を集めている下関国際高校野球部について徹底的に調べたので下関国際高校野球部について紹介していきたいと思います!

今回は下関国際高校野球部のメンバーと出身中学、注目の鶴田選手、坂原秀直監督の経歴や指導方法、過去のかき氷へのコメントなどをお伝えしていきたいと思います!




下関国際高校野球部のメンバーと出身中学公開!

<下関国際高校野球部のメンバーと出身中学一覧>

背番号 選手 学年 打率 身長 体重 投打 出身中学
1 鶴田 克樹 3年 .524 180 93 右右 早鞘(福岡)
2 品川 優人 3年 .200 161 70 右右 菱海
3 木下 尚穏 3年 – 181 85 右右 豊北
4 ★浜松 晴天 3年 .450 170 70 右右 三原第三(広島)
5 川上 顕寛 3年 .250 171 75 右右 稲葉東(福岡)
6 甲山 達也 3年 .313 171 71 右右 中広(広島)
7 西山 勇輝 3年 .143 182 91 右左 彦島
8 木村 大輝 2年 .400 170 69 左左 桃山
9 吉村 英也 3年 .333 177 78 左左 周陽
10 宮下 仁 3年 .333 158 63 右右 川中
11 関山 璃久斗 1年 – 171 72 左左 戸ノ上(福岡)
12 谷本 智 2年 – 161 63 右右 小郡
13 佐本 快 2年 .111 175 72 右右 田原(福岡)
14 中尾 晴樹 2年 – 172 72 右右 前原東(福岡)
15 片山 季殊羽 1年 – 175 68 右左 阿知須
16 渡辺 陸 3年 – 173 73 右右 文洋
17 花房 竜也 1年 – 166 68 右右 三原第三(広島)
18 杉田 大和 3年 – 166 65 右右 竜王

(主将は★印。打率は地方大会の成績。)

 

下関国際高校野球部は10名が山口県内の出身者のようです。

そして山口県外の出身者の内訳は以下の通りになっているようですね。

 

・福岡県5名

・広島県3名

 

山口県以外の出身者も多い下関国際高校野球部ですが、
入るためには特別推薦入試がるようで、
毎年優秀な選手が入ってこられるようです。

下関国際高校は年々強くなっている野球部ですので、
これからの活躍にも期待ですね!

 

下関国際高等学校 校歌 [全3番]



下関国際高校野球部の注目選手は?鶴田克樹選手のプロフ&経歴公開!

<プロフィール>

名前:鶴田克樹
出身中学:福岡県北九州市早鞘中学校
身長/体重::180cm/95kg
投打:右投右打

 

鶴田選手は身長が180cmを超えており、体重もあるため、
とても体格に恵まれている選手として有名です。

また、最速140kmの速球と切れあるスライダーを武器に
相手選手を翻弄します!

実は中学時代は捕手だったらしいのですが、
高校から投手として活躍されているようですね!

 

【2018夏甲子園】下関国際 鶴田克樹(3年) 1回戦 10回2失点9奪三振(自責1)【MAX146km/h】

 

下関国際高校野球部の坂原秀直監督のプロフ&経歴は?

<プロフィール>

名前:坂原秀直
出身高校:広島電機大学付属高校
出身大学:東亜大学
社会人野球:ワイテック
職業:下関国際高等学校野球部監督

 

坂原秀直監督は2005年から下関国際高校に就任しており、
最初は荒れに荒れ果てていた野球部を再建することから
はじめられたそうです。

当時、下関国際高校は野球部員の集団万引きが発覚し、
山口県大会の抽選会直前で出場停止になるという
処分を受けていました。

また、野球に関してはグランドの整備や道具の扱いもひどく、
マナーも悪いなど野球をプレーするどころではなかったそうです。

 

そんな野球部を立て直すため、
坂原監督はスパルタ指導を行い、
徐々に野球部を一流の野球部へと変えていったのだそうです。

立て直すために行った主な取り組みは
明らかになっているだけでもこのようなものがあるそうですね!

 

<坂原監督が行った取り組み>

 

・携帯電話は入部前に解約

・練習は朝5時から2時間と授業後の練習は午後4時~11時まで

・県外チームとの遠征試合で自信をつけさせる

・文武両道ではなく一つのことに集中してやる

・体づくりの徹底
(飲み物は水、牛乳、果汁100%ジュース、スポーツドリンクのみ)

・買い食いは認めない

 

など今の高校生からすると少し厳しい内容のものも
入っているようですが、荒れ果てていた野球部を立て直すには
これくらいのことをしないとダメだったようです。

取り組んだ内容の中には、
文武両道ではなく野球に集中させるというような内容もありますが、
この取り組みは初めの頃、生徒の自主性が尊重されていないとして
批判なども浴びたようです。

しかし坂原監督は、進学校でない下関国際高校が
生徒の自主性などを待っていたら
あっという間に3年間が終わってしまうと主張し、
半ば強制的に指導をして練習を行っていたようです。

 

たしかに中途半端な気持ちでは
甲子園なんて絶対にいけないですし、
やると決めた以上徹底して取り組まなければならなかったのかもしれません。

その頃の下関国際高校はマイナスからのスタートだったので、
これくらいはやらないと何も変わらなかったのかもしれませんね。

 

最初の頃はそんなスパルタ指導に耐えかねて、
部員が1人にまでなってしまったこともあり、
また、毎年主将が逃げ出すなどのことも起こったそうですね。

それまで荒れていた野球部が
いきなり上記のようなスパルタ指導を受けるとなれば
このような事態になるのもしょうがない部分があるのかもしれませんね。

荒れた野球部を立て直すのは相当大変だったのではないでしょうか。

 

しかし、その後徐々に野球部は立て直されていき、
約12年をかけて今では甲子園に出場する強豪チームに生まれ変わりました。

坂原監督はとても厳しい指導をすることで有名ですが、
その分生徒への愛情の注ぎ方も人一倍強いのだそうで、
そうした部分もあるからこそ選手の方もついてこれるのでしょうね。

 

坂原秀直監督の選手への愛情の注ぎ方とは?かき氷は禁止?

 

坂原監督はスパルタ指導で有名ですが、
その分選手への愛情の注ぎ方もすごいということで有名です。

例えば入部してくる新入生には中学の頃は
補欠だった選手が多くの割合を占めるそうなのですが、
そんな選手たちに向けて坂原監督は

「野球の醍醐味は弱者が勝つこと」

 

という信念を選手たちに伝えるのだそうです。

突き詰めて練習し、徹底的に取り組めば
必ず道が開けるということを教えているのだそうですね。

 

また、生活面では下関国際高校野球部には寮がないので選手は3年間アパートを借りそうなのですが選手のアパートが変わると坂原監督も選手の目の前の物件に引っ越すなど徹底して選手の面倒見るのだそうです。

坂原監督はこのことについて過去にコメントをしており、

 

「その子の人生を預かっているいるので。そこは見てあげなければいけない。」

 

とおっしゃっておられたようです。

坂原監督には家族もいるので、
引っ越しをするのはとても大変なことです。

 

しかしそれでも選手の人生ために
できることは徹底して行っているようなんですね。

また、生徒に自身をつけさせるために行う
広島、東京、大阪などの遠征試合ではマイクロバスを使って
現地に向かうのですが、坂原監督が自ら運転して
選手を送りとどけるのだそうです。

 

また、遠征のために飛行機を使ったり、
交通費がかかることもあるそうですが、
そのようなお金は監督が年末の漁港でアルバイトをして
稼いだお金を使って払われるのだそうですね。

こうした陰の努力を知っているからこそ、
選手たちも厳しい指導についてこれるのでしょうね。

 

さらに坂原監督のことについて調べていると、
「かき氷」という言葉が多く検索されていたのですが、
このことのについて調べてみると、実は過去に三本松高校の選手が
甲子園でかき氷を食べていたそうなのですが、
このことについてコメントしていたことが話題になっていたようです。

その時のコメントがこちら!

 

「三本松さんの選手、甲子園(球場)でカキ氷食ってましたよ。うちは許さんぞと(笑い)。
僕らは水です。炭酸もダメ。飲んでいいのは水、牛乳、果汁100%ジュース、スポーツドリンクだけ。
買い食いもダメ。携帯は入部するときに解約。3日で慣れますよ。公衆電話か手紙でいいんです」 (引用)

 

坂原監督の指導方法が有名になったコメントですね。

こうした徹底ぶりに、
ネット上では称賛の声が多く集まっているようです。

実際にチームは強くなっていますし、
結果がついてくるのでまわりからの評価も高いようですね。

 

第100回全国高校野球選手権記念大会花巻東高校VS下関国際高校★下関国際高校坂原秀尚監督~試合後の勝利インタビュー~



<まとめ>

下関国際高校野球部は最初は荒れていた野球部でしたが、
坂原監督のスパルタ指導で今では甲子園に出場する
強豪校へと生まれ変わったことが分かりました!

指導は徹底して行われていて、
選手のために監督も全力を尽くしておられるようです!

これからもどんどん強くなっていく高校だと思いますので、
これからも注目が集まりそうですね!

最後まで読んでいただきありがとうございました!

下関国際高校野球部を応援するため良ければ
SNSなどでシェアをよろしくお願いします!

 

この記事を読んだ方はこちらの記事も読んでいます!

 

 

 

 

 

 

 

 

 






合せて読みたい関連記事

コメントを残す