消費税10%はいつから?軽減税率はスーパーで適用される?増税前に知っておきたいことを徹底調査!

                       



 

軽減税率が適用されるケースとされないケースとは?

 

2019年10月から消費税が上がるということですが、
それと同時に軽減税率が適用されます。

軽減税率は適用されるものとされないものがあるので
今のうちから正しく理解しておきたいところです。

では軽減税率が適用されるのはどんな時なのでしょうか。

 

まず軽減税率が適用されるものについてですが、
これは「お酒や外食サービス以外の飲食料品と
週2回以上発行される新聞」に適用されます。

これが基本となるようです。

 

ただこの決まりにはややこしい部分があり、
それがテイクアウトをする時なのだそうです。

例えばコンビニの弁当や牛丼屋のテイクアウト商品などを
購入する際、持ち帰るために購入した場合は
軽減税率が適用されて8%となるのですが、
イートインスペースなどを利用して食べる場合は
標準税率(10%)になるのです。

 

要は「買った後にどこで食べるか」によって
税率が変わってくるのでこの辺りは注意が必要です。

今のところは飲食に必要なテーブルや椅子などを
利用するかどうかというところで、決着がついているようです。

 

この辺りは知らないと適当に答えて
多く税を払ってしまったり、
逆に「持ち帰る」と答えてイートインで食べるなどの
ズルい行為などもできてしまうため
テレビなどでもよく議論されていますね。

今後このような細かい部分については
また少しずつ決まっていくと思いますので、
新しい決まりができたらまたお伝えしていきたいと思います。



 

<まとめ>

2019年10月から消費税が10%に増税されますが、
増税によって様々な影響が出てきそうですね。

今回紹介した軽減税率などもそうですが、
クレジットカードを利用するとお得になるとか
車や家を買うなら増税前に買っておいた方が良いとか
本当に様々なことが言われています。

 

消費税が10%に上がるまでにはまだ少し時間がありますので、
増税前にやっておくとお得になる情報や
増税後も使えるお得な情報などこれから少しずつ紹介していきますので
ぜひご覧いただければと思います!

最後まで読んでいただきありがとうございました!






ページ: 1 2

合せて読みたい関連記事

コメントを残す