【世界バレー】荒木絵里香選手の旦那や子供は?出身高校や経歴は?wikiプロフ・学歴・家族・娘・弟の情報など徹底調査!

                       
こんにちは、ペン太郎と申します!日本チームが世界バレー3次ラウンドに進出しますます盛り上がっていますね!

今回は結婚・出産を経て現役復帰を果たした最強ママさん荒木絵里香選手について紹介していきたいと思います!

今回は荒木絵里香選手の詳細プロフィール・経歴、2ページ目では出身校&学生時代についてお伝えしていきたいと思います!

さらに3ページ目では荒木絵里香選手の家族や旦那さんお子さんについて、4ページ目ではあだ名や弟さんの情報などをお伝えしていきたいと思います!



荒木絵里香のWIKIプロフィール・経歴公開!

<プロフィール>

氏名:荒木絵里香
国籍:日本
生年月日:1984年8月3日
出身地:岡山県倉敷市
ラテン文字:Erika Araki
身長:186cm
体重:79kg
血液型:O型

<選手情報>

所属:トヨタ車体クインシーズ
愛称:エリカ
ポジション:MB
指高:239cm
利き手:右
スパイク:307cm
ブロック:298cm

<受賞歴>

2004年 – 第10回Vリーグ ベスト6
2006年 – 第12回Vリーグ ベスト6
2008年 – 2007/08プレミアリーグ MVP、スパイク賞、ブロック賞、ベスト6、Vリーグ日本記録賞(スパイク部門)
2008年 – 北京オリンピック ベストブロッカー賞
2010年 – 2009/10プレミアリーグ スパイク賞、ベスト6
2010年 – 第59回黒鷲旗全日本男女選抜バレーボール大会 ベスト6
2011年 – 2010/11プレミアリーグ ベスト6
2012年 – 2011/12プレミアリーグ MVP、ベスト6、ブロック賞、Vリーグ栄誉賞(個人賞8回)
岡山県県民栄誉賞(2012年8月)、岡山県スポーツ特別顕彰(2012年8月)[21]、倉敷市市民栄誉賞(2012年8月)
2013年 – 2012/13プレミアリーグ 敢闘賞、スパイク賞、ブロック賞、サーブ賞、ベスト6
2015年 – 2014/15プレミアリーグ ブロック賞[22]、Vリーグ栄誉賞(長期活躍選手)
2016年
2015/16プレミアリーグ ブロック賞[23]
岡山県スポーツ特別顕彰[24]
2017年 – 2016/17プレミアリーグ ブロック賞
2018年 – 2017/18プレミアリーグ ブロック賞



 

荒木絵里香選手は幼い頃から水泳クラブや
陸上クラブに通っており体育が得意だったそうです。

実は荒木選手は父親が早稲田大学ラグビー部のOB
母親は体育教員と言う体育会系の一家に生まれて育ったそうです。

 

そんな運動神経抜群の荒木選手は小学校5年生の時にバレーボールを始め
中学時代はアクエリアス杯の選抜メンバーとしてオリンピック有望選手に
選出されるなど当時から注目されている選手でした。

ちなみに小学校5年生の時に既に身長は174cmを超えていたそうで
身長にも恵まれていたようです。



 

そして高校時代は成徳学園高校で
大山加奈選手らと共に春高バレー、インターハイ、国体優勝など
高校3冠を経験されました。

その後2003年には東レ・アローズに入団。

しかし2004年にはヨーロッパ遠征には参加したそうなのですが、
アテネオリンピックの登録選手からは外れています。

ただ2007年のワールドカップには全試合スタメン出場するなど
バレーボール選手として大きな活躍をされています。

 

その後もたくさんの活躍をして2011年6月には
モントレーバレーマスターズで初優勝。

2017/18シーズンのVプレミアリーグでは
6年連続となるブロック賞を獲得され、
トヨタ車体のプレミアリーグ最高位となる
3位獲得に大きな貢献をされました。



 

その後、荒木選手は2016年から
トヨタ車体クインシーズに移籍して活躍されています!

荒木選手がこれからも日本のバレーボール界を
引っ張っていく存在になると思いますので頑張ってほしいですね。

 

次のページでは荒木選手の学歴や出身校等について
紹介していきたいと思います。

ページ: 1 2 3 4

合せて読みたい関連記事

コメントを残す