【世界バレー女子】新鍋理沙の可愛い私服画像は?高校時代や結婚は?wikiプロフ・経歴・学歴・家族・彼氏の噂・不仲説や文春の報道の真相など徹底調査!

                       
こんにちは、ペン太郎と申します!女子世界バレーが盛り上がっていますが、今回はアウトサイドヒッターの新鍋理沙選手について紹介していきたいと思います!

今回は新鍋理沙選手の詳細プロフィール・経歴、2ページ目では出身校&学生時代などを紹介していきたいと思います!

3ページ目では新鍋理沙選手の結婚の情報や、4ページ目では新鍋理沙選手の私服画像や性格なについてお伝えしていきたいと思います!



新鍋理沙のWIKIプロフィール・経歴公開!

<プロフィール>

氏名:新鍋理沙
国籍: 日本
生年月日:1990年7月11日(28歳)
出身地:鹿児島県姶良郡福山町(現・霧島市)
ラテン文字:Risa Shinnabe
身長:173cm
体重:64kg
血液型:B型

<選手情報>

所属:久光製薬スプリングス
愛称:リサ
ポジション:WS
指高:25cm
利き手:右
スパイク:295cm
ブロック:287cm



 

新鍋理沙選手は鹿児島県霧島市出身の選手で、
小学校1年生の時からバレーボールを始めていたそうです!

バレーボールを始めたきっかけは両親がバレーボールをしていた
影響受けたことがきっかけだったそうです。

バレーボールを始めてからは練習に励み努力を重ね、
高校ではインターハイで優勝、
春高バレーではベスト4などを経験し、
2008年11月に久光製薬スプリングスの内定選手となったようです。



 

その後2009年の高卒1年目のプレミアリーグでは、
わずか2セットの出場に終わりますが1年目の2010−2011シーズンは
開幕からスタメンで出場するなど、徐々に頭角を現し始めていきます。

そして開幕戦のトヨタ車体戦では、
同期の岩坂名奈選手とともにレギュラーとして活躍。

チームとしては前シーズンを上回る3位の成績を残し、
この時新鍋理沙選手は「最優秀新人賞」を受賞しました。

 

2011年3月には全日本女子チームにメンバー登録され、
6月に行われたモントルーバレーマスターズで、
国際試合デビューを飾り、同年11月に行われたワールドカップバレーでは、ミドルブロッカーで同じく久光所属の岩坂選手とともに、
「最年少コンビ」として注目を集めました。

 

※岩坂選手の詳細情報についてはこちらの記事で紹介していますのでこちらもぜひご覧ください。

 

 

その後もたくさんの活躍をされていますが、
2015年の全日本チームでは怪我のため一度辞退の申し出をしており、
2016年のリオデジャネイロオリンピックの代表には選出されなかったという過去をもっています。

 

この時は木村沙織選手や監督との不仲が
原因で代表を辞退したと言う文春の報道があったようなのですが、
この報道には確実な裏付けがなく信憑性に欠けるものだったようで、
ちゃんと調べると代表辞退した本当の原因は「怪我」だったようです。

その後2017年からは中田久美監督の下代表メンバーに再び登録され、
同年8月に開催されたアジア選手権では、
10年ぶりの優勝の原動力となり MVPを獲得されています。



 

これからも日本チームを支えていくために
たくさんの活躍をされていくと思いますので、
これからも頑張ってほしいですね!

次のページでは新鍋理沙選手の出身校や学歴などについて
紹介していきたいと思います!

ページ: 1 2 3 4

合せて読みたい関連記事

コメントを残す