【プロフェッショナル】山本明弘(広島信用組合理事長)の経歴や年収!wikiプロフ・出版本・学歴・家族・奥さん・休日の過ごし方・名言集など徹底調査!

                       
こんにちは、ペン太郎と申します!次回の「プロフェッショナル仕事の流儀」に広島信用組合理事長の山本明弘理事長が出演されるということで今回は山本明弘理事長について調べてみました!

今回は山本明弘理事長の詳細プロフィール・経歴、出版本、2ページ目では出身校&学生時代・家族・奥さん・休日の過ごし方、3ページ目では年収・山本明弘理事長の名言などをお伝えしていきたいと思います!




山本明弘(広島市信用組合理事長)のWIKIプロフィール・経歴公開!

<プロフィール>

氏名:山本明弘
生年月日:1945年12月6日
出身地:山口県
出身大学:専修大学経済学部
役職:全国信用協同組合連合会会長、広島市信用組合理事長



 

山本明弘理事長は、
大学卒業後は広島信用組合に就職し、
そこからずっと広島信用組合で活躍してこられた方のようです。

経歴を調べたところ、
転職などは一度もなくずっと広島信用組合で
活躍してこられていることがわかります。

 

<山本明弘理事長の経歴>

1968年:広島信用組合に就職(22歳)

1981年:支店長を務める(35歳)

2001年:専務理事就任(55歳)

2004年:副理事長就任(58歳)

2005年:理事長就任(59歳)

 

また、山本明弘理事長には
全国信用協同組合連合会会長という肩書もあり、
実は信用組合のトップに当たる人なのだそうですね。

そんな凄い方なのにも関わらず、
山本明弘理事長は現場に出ることをとても大事にしており、
今なおこの年齢になっても自分の足で現地に行って、
自分の目で現場を見るのだそうです。

山本明弘理事長曰く、

 

「現場でしか感じられない空気がある」

 

と、おっしゃっており、
その考え方を大事にしておられるようですね。

また、部下に対しも「金融とはいかにあるべきか」を語り、

 

「上っ面だけじゃなくて腰の入った支援をせにゃつまらん!」

「それが地域金融機関の使命じゃろ!」

 

と、真にお客様とつながる仕事をすることを
教えているそうですね。

山本明弘理事長は、
自分でも現場に出て活動しておられるので、
とても説得力がありますよね。

また、お金の融資をする際はお客様に対して

 

「お金をかしてやる」

 

という上から目線の態度ではなく、

 

「お金を使ってもらってありがとうございます」

 

という気持ちを持ち続けることを心掛けているのだそうですね。

 

そのような気持ちを持って接することで、
お客様との関係を築き信頼されてきたのだと思います。

大学卒業後は普通に就職し、
そこから理事長にまでなる方ですから、
やはり仕事に対する考え方も行動も一流なのですね。

 

そんな山本明弘理事長は過去に本を出版しており、
自信が大切にしてきたことを
惜しみなく披露している1冊があるそうです。

次はその本を紹介していきたいと思います!



山本明弘(広島市信用組合理事長)の出版本は?

 

山本明弘理事長は過去に本を出版しており、
これまで大切にしてきた「現場に行く」ということを
教えてくれている1冊があります。

この本が発売されたのは2012年9月なので、
世の中は十分にネット社会になっている時代ですが、
そんな時代でも通用する考え方が、
この1冊には書いてあるようなのですね。

山本明弘理事長曰くこの本は

 

「世の中の「非効率」は私にとって「最大の効率」だ」

 

と、いうコンセプトの本になっているようです。

その本がこちらの
「足で稼ぐ「現場主義」経営 頼れるシシンヨーが真骨頂」という本です。

 

足で稼ぐ「現場主義」経営 頼れるシシンヨーが真骨頂 [ 山本明弘 ]

 

すべてのビジネスパーソン、金融や経営を学んでいる学生、
また現役の経営者にとって勉強になる一冊になっていると思いますので、
ぜひ一度読んでみてはいかがでしょうか。

次のページでは山本明弘理事長の学歴や出身校、
家族について紹介していきたいと思います!

また、3ページ目では山本明弘理事長の年収や名言集を
紹介していきますのでそちらもぜひご覧ください。

ページ: 1 2 3

コメントを残す