横尾将臣(遺品整理士)社長のwikiプロフ・経歴・出版本・学歴・家族の情報など徹底調査!

                       
こんにちは、ペン太郎と申します!次回の「プロフェッショナル」遺品整理士の横尾将臣さんが出演されるということで今回は横尾将臣さんについて調べてみました!

今回は横尾将臣さんの詳細プロフィール・経歴、2ページ目では出版本についてしょうかいしていきたいと思います!

さらに3ページ目では出身校&学生時代・家族の情報などをお伝えしていきたいと思います!



横尾将臣のWIKIプロフィール・経歴公開!

<プロフィール>

氏名:横尾将臣
生年月日:1969年3月12日
出生地:香川県
出身地:大阪市
在住地:兵庫県西宮市
職業:遺品整理士
会社:メモリーズ株式会社
役職:代表取締役
特技:サックス



 

横尾将臣さんはメモリーズ株式会社の社長さんで、
遺品整理などのお仕事をされている方です。

現代では高齢化や少子化が進み、孤独死や自殺が社会問題となっている中、
遺品整理が必要となる時代になりました。

 

横尾社長は以前、祖母を亡くしたことがあったのですが、
当時は遺品整理業者などがまだなく、
横尾社長のお母さんは葬儀の後、
田舎に残って遺品整理などをされたそうです。

その時お母さんは精神的にも肉体的にもとても疲れてしまい、
しばらく寝込んでしまったそうです。

そんなお母さんの姿を見て
横尾社長は数年後に遺品整理の仕事に携わることになったのだそうです。



 

遺品整理というと、
遺族にしかわからない思い出の品や
形見などがあるので、「本当は自分で整理したい」という
思いをもっておられる方がたくさんおられるようです。

しかし、いざやってみると想像以上に大変で、
自分では手に負えないこともしばしばあるようです。

そんな時、横尾社長の遺品整理というお仕事が必要とされるのですね。

 

横尾社長は「故人の想い出を大切に扱いたい」という気持ちをいつも持っており、そのような想いから会社名を「メモリーズ」と名付けたそうです。

また、横尾社長は遺族の方が少しでも楽になれるように
遺族の方へ投げかける言葉などを学ぶため、
「グリーフケア・アドバイザー1級」を受講されたそうです。

「グリーフ」とは悲嘆という意味で、
近しい人を亡くした方がその悲嘆を乗り越えようとする努力を
支援するのが「グリーフケア」なんだそうです。

 

遺品整理という物理的なお仕事に加え、
横尾社長はご遺族の気持ちにも寄りそうお仕事をされておられるようですね。

こちらは横尾社長のことが取り上げられた時の動画ですが、
横尾社長のお仕事がどんなお仕事なのかがわかる動画になっているので
ぜひご覧ください。

 

2017.11.22 遺品整理士が見た現実



 

横尾社長はこのようなお仕事に取り組みながら、
「一般社団法人 遺品整理士認定協会」や、
主幹事を務める「一般社団法人日本除菌脱臭サービス協会」などの
各種協会が主催する講演会やセミナー、勉強会などにも
講師として参加し若手育成に励んでおられるそうです。

これから先の社会も高齢化が進んでいくと思われますので、
横尾社長の会社のようなお仕事は今後ももっと必要になってくると思います。

遺族の方の気持ちに寄り添い、
遺族の方ができないことを代わりにやってくれる人が
必要になる社会がすでにやってきているので
これからも頑張ってほしいですね。

 

次のページでは横尾将臣社長の出版本やその内容などについて紹介していきたいと思います!

ページ: 1 2 3

コメントを残す