ときど(プロゲーマー)の学歴・年収・家系が凄い!出版本は?wikiプロフ・経歴・優勝動画・家族・祖父が創業者の噂など徹底調査!

                       
こんにちは、ペン太郎と申します!次回の「情熱大陸」プロゲーマーのときどさんが出演されるということで今回はときどさんについて調べてみました!

今回はときどさんの詳細プロフィール・経歴、プロゲーマーの職業の詳細情報、ときどさんの優勝動画、2ページ目ではプロゲーマーとしての生活、ときどさんの出版本などを紹介していきたいと思います!

さらに3ページ目では出身校&学生時代4ページ目では家族・祖父が創業者で家系も凄いという噂そして年収の情報などをお伝えしていきたいと思います!




ときどのWIKIプロフィール・経歴公開!

<プロフィール>

氏名:ときど
本名:谷口一(はじめ)
生年月日:1985年7月7日
国籍:日本
出身地:沖縄県那覇市生まれ、神奈川県横浜市育ち
ゲーム:ザ・キング・オブ・ファイターズ、ストリートファイター (en)
獲得賞金:$98,921.45
優勝:Capcom vs. SNK 2 – EVO 2002
スーパーストリートファイターIIターボ(英語版) – EVO 2007
ストリートファイターV – EVO 2017
愛称:Murderface



<追記:EVO2018のときどさんの動画>



 

ときどさんは東大卒プロゲーマーとして知られる方で、
出身校がなんとあの東京大学というすごい学歴を持っている方なんですね!

ときどさんがゲームに熱中するきっかけになったのは
小学校2年生の頃のことで、当時、従兄と遊んだ
バーチャファイター2というゲームが
ゲームに熱中するきっかけになったようです。

 

【中古】研磨済 追跡可 送料無料 PS2 SEGA AGES 2500 シリーズ Vol. 16 バーチャファイター2

 

また、従兄が持っていた攻略本に「バーチャの鉄人」と呼ばれる
有名プレイヤーが載っていたのですが、
ときどさんはその時はじめてゲーマーという存在が
いることを知ったのだそうです。

 

その後、一時期ゲームから離れる時期もあったそうなのですが、
梅原大吾さんのプロ宣言がきっかけで、ときどさんはプロゲーマーを本格的に目指し始めたのだそうです。

 

(プロゲーマーの梅原大吾さん)



 

当時、ときどさんは大学院に在学中だったようですが、
研究内容に興味が持てなかったことや、
アメリカの会社からスポンサー契約の申し出を受けたこと、
そして親の後押しがあったこともあって、
大学院を中退してプロゲーマーの道に進まれたそうです。

実はプロゲーマーを本気で目指す直前は、
公務員試験の最終面接が迫っていた状況だったそうです。

もしプロゲーマーにならなかったら今頃は公務員に
なっていたと思われますが、
自分の将来進むべき道が決まるという時に
プロゲーマーを選択するというのは
かなり勇気がいることだったのではないでしょうか。

 

プロゲーマーという職業はまだ新しい職業ですし、
どうやって生活していくのかも
まだそれほど世間的には認知されていない世界だと思われます。

そのような場所へ進んでいくあたり、
やはりときどさんのゲームへの情熱はすごいものだとわかりますし、
どこかパイオニア的な血が流れているとしか思えないですよね。

ちなみに日本でプロゲーマーという職業に就かれている方は、
6人程度と言われているようです。

 

収入面などは後で紹介しますが、
主にスポンサーからのサポートや、
大会の優勝賞金などが主な収入源になるそうです!

ときどさんは2017年7月にラスベガスで開催された
世界最大の格闘ゲーム大会EVO2017に参加し、
2000人以上が出場したストリートファイター5部門で、
優勝されたそうです!

そのため、優勝賞金は獲得していると思われますし、
プロゲーマーとして世界的に認知されたことと思います!

 

こちらはときどさんが優勝したときの様子がわかる動画です!

このゲームをやったことがある方は、
ときどさんがどれだけ凄いのかがわかるのではないでしょうか!

上の動画は優勝するまでのゲーム内容を見ることができます。下のTwitterでつぶやかれた動画では優勝する瞬間を記録した動画なのでロングで楽しみたい方は上の動画、時間がない方は下の動画をご覧ください!

 

【格ゲー世界大会】EVO2017 スト5 GrandFinal ときど vs Punk part2【決勝】

 

 



 

プロゲーマーの世界は、
今では格闘技の世界戦くらい観客が集まると言われているそうで、
将来的にはオリンピック競技にもなるかもしれないとも言われています。

eスポーツ(エレクトロニック・スポーツ)という名前を
聞いたことがある人もいるかもしれませんが、
正式に競技種目になれば、オリンピックの視聴者層には
子供の層が一気に増えそうですよね!

 

そうなればオリンピック自体もっと盛り上がると思いますし、
大きな経済効果も期待できると思われます!

これからのプロゲーマーの世界は
伸びていく可能性が十分に秘められているので
これから先も注目ですね!

 

次のページではときどさんのプロゲーマーとしての活動や生活、出版本などを紹介していきたいと思います!

ページ: 1 2 3 4

合せて読みたい関連記事

コメントを残す