杉本真樹(医師)のVRの医療がすごい!wikiプロフ・経歴・学歴・holoeyes・Osirix(オザイリクス)・家族・結婚の噂など徹底調査!

                       

こんにちは、ペン太郎と申します!次回の「情熱大陸」に医師・起業家の杉本真樹さんが出演されるということで今回は杉本真樹さんについて調べてみました!

今回は杉本真樹さんの詳細プロフィール・経歴、出身校&学生時代・Osirix(オザイリクス)&holoeyesの動画・プレゼンテーション動画・家族・結婚の情報などをお伝えしていきたいと思います!



杉本真樹のWIKIプロフィール・経歴公開!

<プロフィール>

氏名:杉本真樹
生年月日:1971年1月15日
出身地:東京都葛飾区柴又
職業:医師、外科医、医学博士、起業家
所属:HoloEyes株式会社取締役兼最高執行責任者COO
専門:肝胆膵外科

 

杉本真樹さんは日本の医師であり、
VRを使った先進医療の研究をされている方です。

そのほかにも医学博士、起業家などたくさんの活動をされており、
数々の受賞歴もあるすごい方のようです。

こちらは杉本真樹さんのこれまでの経歴や、
大学で指導者として兼任されてきた時の年表です。

 

<杉本真樹さんの経歴>

・1996年 帝京大学医学部卒業

・1996年5月 – 1998年3月 帝京大学医学部附属病院外科

・1998年4月 – 2000年3月 国立病院機構東京医療センター外科

・2000年4月 – 2004年3月 帝京大学大学院医学研究科

・2000年4月 – 2004年6月 帝京大学医学部附属病院外科 医員

・2004年7月 – 2007年6月 帝京大学ちば総合医療センター外科

・2007年7月 – 2008年6月 帝京大学ちば総合医療センター外科 助教

・2008年7月 – 2009年3月 Veterans Affairs Palo Alto Health Care System, Palo Alto, CA 米国退役軍人局パロアルト病院 消化器内視鏡科 Visiting fellow 客員研究員

・2009年4月 – 2009年6月 神戸大学大学院 医学研究科 内科学講座 消化器内科学分野 特務講師

・2009年7月 – 神戸大学大学院 医学研究科 内科学講座 消化器内科学分野 特命講師

・2015年4月 – 神戸大学大学院 医学研究科 内科学講座 消化器内科学分野 特務准教授

・2016年10月- 国際医療福祉大学大学院 医療福祉学研究科 准教授

・2018年3月 – HoloEyes株式会社取締役兼最高執行責任者COO

 

<杉本真樹さんの兼任歴>

・2010年- 群馬大学大学院医学研究科機能形態学 非常勤講師、客員准教授

・2011年- 関西学院大学教務部 非常勤講師

・2011年- 帝京大学医療情報システム研究センター 客員教授

・2012年- 東京大学大学院工学系研究科バイオエンジニアリング専攻 非常勤講師

・2012年- 千葉大学フロンティアメディカル工学研究開発センター特別研究准教授

・2014年- 九州大学大学院医学研究院 先端医療医学講座 災害・救急医学分野 共同研究員

・2016年- 崇城大学客員教授

・2016年- 神戸大学大学院 医学研究科 内科学講座 消化器内科学分野 客員准教授

・2018年- 東京大学先端科学技術研究センター身体情報学分野 客員研究員

有限会社ニュートン・グラフィックス社顧問

 

これまでの活動を見ると
とてもいろいろなことをされてきていることがわかりますね。

 

杉本真樹さんはゲームでも知られる「VR」の技術を
医療の現場に持ち込み、これまでできなかったことに挑戦されています。

 

杉本真樹さんによれば「VR」の技術を使えば、
これから医師として活躍していく若い世帯に
ベテランの技術を教えることができると言います。

 

例えば実際の手術の際は
患者さんの命がかかっていますので、
失敗することは許されませんが、
「VR」を使えば本番の手術の練習をすることができ、
失敗しても大丈夫になりますので、
若い医者は失敗から学ぶことができます。

 

杉本真樹さんによると、
「経験を通して学習したことが真の学習」であり、
テキストやネットで調べて勉強したことは
「単なる情報」に過ぎないと言います。

つまり、実際に自分で経験しなければ、
真にそのことについて理解したとは言えないのだそうです。

「VR」を医療の現場に持ち込むことで、
実際に手術を経験をすることができ、
若い世帯の理解度を格段にあげることができるのだそうです。

最近では医療ミスなど悲しいニュースが
話題になることがありますが、
「VR」を使うことでそのような医療ミスを
劇的に減少させることにもつなげることができるようです。

 

 

下の動画は杉本真樹さんが携わっている
Osirix(オザイリクス)というオープンソフトウェアですが、
このソフトは医療用画像を立体的に表示・処理できるアプリで
杉本真樹さんは10年以上開発に携わっていると言います。

3D画像をポリゴンデータとして書き出すことが可能で
現在は医療VRの土台として活用されているようです。

 

【VR creative award2016優秀賞作品】杉本真樹 『Hyper medicine for augmented human 人間の能力を拡張する超越医療 』

 

Osirix(オザイリクス)で作成した3D画像は
VRのゴーグルを装着して見ると、
まるで患者さんの体の中に入り込むようにして
観察することができると言います。

さらに位置情報などを付け加えれば
通常では見ることのできない
臓器の裏側や脂肪に隠れた部分まで
知ることができるようになるそうです。

 

これが医療の現場で生かされれば
当然手術もやりやすくなりますし、
若いくて経験が少ない医師の教育にも
貢献するそうです。

 

杉本真樹さんはこうしたVRの活用の他にも
起業家としての活動も精力的にされており、
杉本真樹さんの行っている事業は
高く評価され、2017年には
Microsoft Innovation Award 2017の優秀賞、
スポンサー賞にも選出されました。

 

The 3DVR anatomy by HoloEyesVR (Side-by-side video stream using HTC VIVE )

 

この動画で使われている技術はHoloEyesVRというもので
この技術を使えば人の身体の中の様子がハッキリとわかりますよね。

これなら実際の手術の現場だけでなく
若くて経験の少ない医師を育てる教育現場でも
役に立つのがわかります!

 

杉本真樹さんはこうした研究を続けながら
現在の医療を発展させるべく、
起業家としても活躍されているようです。

 

最後にこちらは医療とは少し離れますが
杉本真樹さんがTEDで話しているときの映像です。

こちらの動画では、杉本真樹さんが
アイディアを広げることやプレゼンテーションをする意味
などについて話されています。

 

共感を衝動へ — Extreme Ironingのススメ | MAKI | TEDxKagoshimaUniversity

杉本真樹さんはこれからも医師として起業家として
活躍されていくと思いますが、
患者さんが安心して手術を受けられる世界を
創っていって欲しいですね。

 



杉本真樹の学歴&出身校はどこ!?

 

医師・起業家として活躍しする杉本真樹さんですが
杉本真樹さんは学生時代はどこの学校で学び、
どんな方だったのでしょうか。

杉本真樹さんの出身校や学生時代について調べてみました。

<杉本真樹の学歴・出身校>

帝京大学医学部

 

杉本真樹さんは帝京大学医学部(偏差値64.3)
卒業されていることがわかりました。

帝京大学医学部は、6年間で必要な学費が
約4000万円とすごい金額ですが、
他の大学の医学部の学費と比べても高い方に属するそうです。

 

大学の授業は1年生から
医学の専門分野(解剖等)の授業が始まります。

解剖実習も1年の後期から始まり非常に進度が速いことで
有名なんだそうです。

 

杉本真樹さんはこの大学の医学部を卒業し、
大学卒業後は帝京大学医学部附属病院外科に所属して
医師としての仕事をスタートさせています。

 

その後は医師としての仕事をこなしながら
講師や教授としての活動にも力を入れており、
教育者としても活躍しておられます。

VRを使った医療技術の研究や教育を進め
各方面から高い評価を獲得しているようです。

杉本真樹さんのVRの研究は、
これからの医療技術や医師のレベルを上げる
重要な研究になると思いますので
これからも頑張ってほしいですね。

 

杉本真樹の家族はどんな方?結婚している?

 

杉本真樹さんの家族にはどんな方がいらっしゃるのでしょうか。

杉本真樹さんの家族構成について調べてみたのですが、
詳しい情報は公開されていないようでした。

また結婚ついても詳しい情報が出ていないため今後詳しい情報が出てきたら続報をお伝えしていきたいと思います!

 



<まとめ>

杉本真樹さんは医師・起業家として
活躍する方だということがわかりました。

医師として活躍しながらも若い世帯の医師を育てるべく
教育者としての側面も持っている方で、
とても活躍されている方なんですね。

 

VRの技術を取り入れ、
医療現場に革命を起こし、
これからの医療現場をもっと安心できる環境にしようと
活躍されています。

今後もVRを使った医療技術の研究を
進めていかれると思いますが、
無理せず頑張ってほしいですね!

 

最後まで読んでいただきありがとうございました!

杉本真樹さんを応援するため良ければ
SNSなどでシェアをよろしくお願いします!






コメントを残す