【情熱大陸】ヨシタケシンスケ(絵本作家)の出身高校や大学は?経歴や年収は?wikiプロフ・学歴・家族・子供など徹底調査!

                       
こんにちは、ペン太郎と申します!絵本作家のヨシタケシンスケさんという方をご存知でしょうか。この方は絵本「りんごかもしれない」で一躍有名になり現在大きな注目を集めている絵本作家の方です。

今回はヨシタケシンスケさんの詳細プロフィール・経歴、2ページ目ではヨシタケシンスケさんの出版本について紹介していきたいと思います。

さらに3ページ目ではヨシタケシンスケさんの出身校&学生時代4ページ目では家族について、5ページ目では年収の情報などをお伝えしていきたいと思います!



ヨシタケシンスケのWIKIプロフィール・経歴公開!

 

<プロフィール>

氏名:ヨシタケシンスケ
生年月日:1973年
出生地:神奈川県
学歴:筑波大学大学院芸術研究科総合造形コース
職業:絵本作家



 

ヨシタケシンスケさんは日本のイラストレーターで、
有名な絵本作家の方です。

イラストレーターとして活動していた30代は、
全く売れず苦労された経験があるそうですが、
40歳の時に出した絵本「りんごかもしれない」
いきなり超ベストセラーとなり注目される存在になりました。

この絵本は「りんご」をめぐる様々なアイディアが展開する
筋立てのない絵本だそうでヨシタケシンスケさんの
新しいものの見方や発想が話題になり注目されたようです。

 

りんごかもしれない [ ヨシタケシンスケ ]



 

その後もヨシタケシンスケさんは
「ぼくのニセモノをつくるには」や
「このあとどうしちゃおう」などの本を出版し
さらに人気を集めることになったそうです。(次のページで紹介しています!)

これらの絵本は「発想絵本」と呼ばれているそうで、
「りんごかもしれない」はMOE絵本屋さん大賞第1位を獲得するなど
賞も受賞されている作品なのだそうです。

 

ヨシタケシンスケさん曰く、

 

「絵の奥行きや抒情などでは勝負出来ない分、新しいものの見方の提案とか、人が言いにくいことを言ってみるとか、付加価値を付けないといけないと思ったんです」



 

とおっしゃっておりヨシタケシンスケさんならではの
世界観を作り出すことに成功したようです。

ではヨシタケシンスケさんの本には
他にはどんなものがあるのでしょうか。

 

次のページではヨシタケシンスケさんが
これまで出版してきた本を紹介していきたいと思います!

ページ: 1 2 3 4 5

合せて読みたい関連記事

コメントを残す