さくらももこの死去の原因は乳がん?経歴や作品は?プロフ・学歴・家族・再婚の相手など徹底調査!

                       
こんにちは、ペン太郎と申します!悲しいニュースが入ってきました。ちびまるこちゃんやコジコジの作者で有名な漫画家のさくらももこさんが乳がんのため亡くなっていたことがわかりました。

今回はさくらももこさんの詳細プロフィール・経歴、出身校&学生時代・家族・過去の人気作品・死因・祖父や元夫の性格がヤバイ噂などをお伝えしていきたいと思います!

さくらももこさんの家族や過去の離婚の原因、再婚した相手の情報などは2ページ目で紹介していますのでそちらもぜひごらんください。



さくらももこのWIKIプロフィール・経歴・作品など紹介!

<プロフィール>

名前:さくらももこ
本名:非公開
旧姓:三浦美紀
生年月日:1965年5月8日
出身地:静岡県静岡市清水区(旧:清水市)
死没:2018年8月15日(53歳没)
血液型:A型
身長:159cm
国籍: 日本
職業:漫画家、エッセイスト、作詞家
活動期間:1984年 – 2018年
ジャンル:少女漫画、青年漫画、児童漫画
代表作:『ちびまる子ちゃん』、『コジコジ』

<受賞>

1989年:第13回講談社漫画賞少女部門
(『ちびまる子ちゃん』)
1990年:第32回日本レコード大賞

 

さくらももこさんといえば、
「ちびまるこちゃん」「コジコジ」などの作品を代表作に持つ
漫画家として知られていますが、
実はエッセイストとしても活躍するなど
幅広い活躍をされています。

 

【入荷予約】ちびまる子ちゃん (1-16巻 最新刊)【入荷時期未定】

 

さくらももこ劇場 コジコジ DVD-BOX Part1デジタルリマスター版 想い出のアニメライブラリー 第24集コジコジDVD 送料無料

 

大学在学中にデビューし、
1986年8月に「りぼん」
「ちびまる子ちゃん」の連載を開始。

1989年には「ビックコミックスピリッツ」から
「神のちから」の連載がスタート。

 

その後、1990年から「ちびまる子ちゃん」が
フジテレビ系でアニメ化され、
一気に国民的アニメとして認知されるようになります。

また、ちびまる子ちゃんの主題歌である
「おどるポンポコリン」の作詞で、
第32回日本レコード大賞なども受賞しておられるようです。

 

ちびまる子ちゃん初代エンディング「おどるポンポコリン」

 

そして1991年には初のエッセイ集である
「もものかんづめ」を発表したのですが、
この作品が実は多くの人に衝撃を与えたそうです。

内容は友蔵おじいちゃんの真実について
触れている部分があるのですが、
それが衝撃的な内容なんですね。

 

もものかんづめ (集英社文庫) [ さくらももこ ]

 

気になる方はぜひ一度読んでみてください。

 

また、エッセイ集としてはこの「もものかんづめ」の後に
「さるのこしかけ」「たいのおかしら」と合わせて、
さくらももこの初期エッセイ三部作として有名になり、
いずれもミリオンセラーの大ヒットを記録したようです。

 

さるのこしかけ (集英社文庫) [ さくらももこ ]

 

たいのおかしら (集英社文庫) [ さくらももこ ]

 

そんなさくらももこさんの本名は、
旧姓が三浦美紀さんということまでは
明らかになっているのですが、
結婚後の苗字は明らかになっていないようです。

 

また、テレビにもあまり出演されないので、
顔がわかる画像などもとても少ないようです。

ちなみに、現在公表されている画像としては
こちらの画像があるようです!

 

(さくらももこさん)

 

さくらももこさんは、

 

「顔を第三者に知られることは本人には煩わしく、
かといってどこかで出逢った第三者から
声をかけられても挨拶しないことは相手を傷つける」

 

という主義から、顔を出さないのだそうですね。

これは以前、NHKのトーク番組「トップランナー」で
語られていたようです。

 

ちなみにさくらももこさんの「声」の方は
まる子の声優を務めている
TARAKOさんの声とそっくりなんだそうです。

以前、さくらももこさんのラジオ番組では、
声が似ているということで
TARAKOさんとイルカさんをゲストに呼んで
3人で大騒ぎをしたこともあるそうです。

その時は微妙に違う3人のまる子の声が
ラジオから聞こえてくるということで、
大きな話題になったそうですね。(笑)

(TARAKOさん)



さくらももこの死因や死去はいつ?公式ブログのコメントは?

 

これまで沢山の活躍をされてきたさくらももこさんですが、
2018年8月15日に「乳がん」により亡くなりました。

公式ブログではさくらももこのさんの死去について
以下のコメントを発表しています。

 

さくらももこは、平成30年8月15日午後8時29分、乳がんのため永眠いたしました。(享年53)
これまで温かい応援をして下さったファンの皆様、お世話になりました関係者の皆様に深く感謝致しますとともに、ここに謹んでご報告申し上げます。

さくらは1984年に漫画家としてデビュー。30周年を迎えた際、次のような言葉があります。

「30年間、良い事も大変な事もいっぱいありましたが、私は作家としてとても幸せな月日を送らせていただいています。感謝にたえません。」(『さくらももこの世界展』「デビュー30周年を迎えて」より抜粋)

作品を描けること、それを楽しんで頂けることをいつも感謝していました。
これからも皆様に楽しんで頂けることが、さくらももこと私達の願いであり喜びです。(引用)

 

通夜や告別式については、すでに執り行われたようで
親族、近親者のみで行われたようです。

 

さくらは1984年に漫画家としてデビュー。30周年を迎えた際、次のような言葉があります。

 「30年間、良い事も大変な事もいっぱいありましたが、私は作家としてとても幸せな月日を送らせていただいています。感謝にたえません。」(『さくらももこの世界展』「デビュー30周年を迎えて」より抜粋)

 作品を描けること、それを楽しんで頂けることをいつも感謝していました。

 これからも皆様に楽しんで頂けることが、さくらももこと私達の願いであり喜びです。 なお、通夜・告別式は、ご遺族の意向により親族・近親者のみにより執り行われました。(引用)

 

ちなみに今後のちびまる子ちゃんの放送については
今後も続けるという方向で話が進んでいるようです。

ちびまる子ちゃんは国民的アニメですので
毎週楽しみにしている方ファンの方も多いと思いますので、
これからも放送を続けていって欲しいですね。



さくらももこの学歴&出身校はどこ!?

 

漫画家、エッセイエスト、
そして作詞家として活躍していたさくらももこさんですが

さくらももこさんは学生時代はどこの学校で学び、
どんな方だったのでしょうか。

さくらももこさんの出身校や学生時代について調べてみました。

<さくらももこの学歴・出身校>

清水市立入江小学校(当時)
清水市立第八中学校
静岡県立清水西高等学校
静岡英和女学院短期大学
(現・静岡英和学院大学短期大学部)国文学科

 

さくらももこさんは
静岡英和女学院短期大学(現・静岡英和学院大学短期大学部)
国文学科(偏差値45~47)を卒業していることがわかりました。

さくらももこさんは大学在学中に
「りぼんオリジナル」冬の号にて
「教えてやるんだありがたく思え」という
教師をテーマにしたオムニバス作品でデビューしています。

 

また、大学卒業後は株式会社ぎょうせいに入社するも、
勤務中に居眠りをする等など
勤務態度があまり良くなかったことから、
上司に「会社を取るか、漫画を取るかどちらか選べ」と迫られ、
「漫画家として生活していく」と回答したため
入社後わずか2ヶ月で退職しているというエピソードもあるようです。

 

次のページではさくらももこさんの家族や過去の離婚の原因、再婚した相手の情報などをお伝えしていきたいと思います!

ページ: 1 2

合せて読みたい関連記事

コメントを残す